既婚ビアンブログdarknessLove

 既婚ビアンブログでございます。交流はmixiの既婚レズビアン(既婚ビアン)コミュニティにてお待ちしております。遊びに来てねー
愛とは尊いのもの?ホントに?

 愛とは尊く大切で至上のもの。

 ・・・ほんま?

 

 僕は同性愛だろうと不倫愛だろうと他人がとやかく言うべきではないと思っている。

 同性愛も不倫愛も経験してきた。

 それはその瞬間瞬間大切なものだと思っている。

 人生に無駄なものなど一つもない。

 

 僕は愛を仕分けするのは嫌いだ。

 不倫だろうと同性愛だろうと本物ならそれは「美しく尊いもの」だろ?

 不倫はだめだ。

 なんていう人がいるけど、そんなの誰でも理解してるだろう。

 自分の伴侶がとやかく言うなら理解できるけど、他人にとやかく言われたくないよね。関係ないやつに人生口出しされたくない。

 同性愛と同じラインで話すな。ムキーっていう人間もいるだろうけど、実際同性愛を不倫以上に嫌う人はいる。

 そういう嫌悪を持つ人たちを見てきてる人たちはいると思う。

 僕は母親がそういうのに全く嫌悪を持たないタイプで、

「別にいいじゃん」

なタイプ。僕もそうなので血筋?ってか僕既婚ビアンじゃん。

 なので実際に嫌悪をぶつけられたことはない。

 既婚ビアンだけど、真正ビアンの人たちも優しかったしね。

 同意してくれたり、質問してくれたり。

 

 同性愛だろうと不倫愛だろうといびつな愛だろうと、愛が愛ならばそれは尊いものなのではないか。

 他人がとやかく言うことじゃない。

 他人の人生や価値観や愛にとやかく言えるのは、

「当事者の人生に一生責任を持てる人間だけ」

だと僕は思っている。

 親だって兄弟だって友達だって、当事者の人生に一生責任持てないなら何も言うべきじゃない。

 そこまでの覚悟をもって他人を非難してる人間なんていないと思うし、そうだとしたらよっぽどの覚悟か甘く考えてるかだよねぇ。

 助言はしてもいいけど、否定はいかんと思っている。

 

 自分が「気に入らないから批難する」っていう人間が多いけど、そんな人生悲しすぎるよね。

 LGBTだとそういう人間にかかわることも多いとは思う。

 

 自分の人生は自分のもの。

 だから、他人の価値観に左右されて生きるのは人生もったいない。

 非難してるやつらは僕たちの人生に何も責任持ってくれないんだから。

 もっとも無責任で、他人を非難することで憂さを晴らす醜い人間に、史上で尊い愛が手に入るわけないじゃん。

 

 どんな愛であれど、尊いもの。

 同性愛だとしても、不倫愛だとしても。

 そして人生に無駄など一瞬も存在しない。

 

 僕はそう思うんだよなあ。

 

 

 

 

応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
0
    ランキングはこちらから
    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
    | 立花月夜 | 立花的私事。 | 11:48 | - | - |
    自分を認めてほしい。そのためにできること。

     LGBTの人たちが言う

    「自分たちのことを個性として認めてほしい」

    という言葉。

     僕的には「既婚ビアンへの差別意識」を持ってる人は言うな。と思っている。

     僕は基本的に良くも悪くも「他人に興味」を持たない。

     興味を持っても、飽きると切り捨てる。

     そこのところの冷酷さは、旦那も子供もガクブル。

     僕に依存すると、切り捨てられる恐怖におびえ続けることになる。

     他人に興味を持たないので、友人ができても決めつけをしない。

     美人だからこんな性格やこんな趣味だろう なんてやつ。

     僕の周囲は美人な人ばかりなので、他人が美人に対して押し付けるイメージの意味が理解できない。

     LGBTも同じ。

     女性(にうまれた)トランスジェンダーは好きじゃないんだけど「こんな人なんだろう」と押し付けで付き合ったことはない。

     個性は人それぞれだから。

     だけど、「こんな男になりたい」「こんな男に見られたい」臭がすごいただの女性。ってことが多くて自分では近寄らないことにしてる。

     ・・・男気取ってもやっぱり女性脳だったか。

     と残念なことも多々ある。

     女性の悪いところを持ち続けたまま、男性の悪いところをコピーしようとする。

     っていう人ばかりで、好きになれないんだよね。まあ出会った人数は少ないので、素晴らしい人がいる・・・はず。

     どうせなら、男の「良いところ」をコピーすればいいのにね。と旦那に言ったら

    「自分がなりたい男なんだろ?」

    と。

     ・・・ふーん。

     男性に生まれてしまったトランスジェンダーの人たちは、女性の素晴らしいところを学んでコピーしてる人が多くて尊敬する。

     あんな女性と結婚したら幸せになれると思う。ホント女性に生まれるべき人たちだと思う。

     それでも「今までの経験」をこれから出会う人たちに押し付けるのは失礼だし、その人はその人の個性を尊重したい。

     

     僕が嫌いなのは、「自分LGBTだけど個性として受け止めて」とか言ってるくせに、他の個性を拒否するタイプの人間。

     自分の個性を受け止めてほしいなら、自分がまず相手の個性を尊重すべきじゃないの?

     バカなの?自分勝手なの?

     これ実はやられたことがあるんだ。

     それも僕に直接言えばいいのに、僕の身内経由で非難。

     ふーん。個性尊重ってその程度だったんだ。と人間性に落胆。

     実はその前からキナくさくて、

    「付き合い控えようかな」

    と思ってた予感的中。

     自分のすべてを受け止めてほしいなら、他人のすべてを受け止めてやれないと無理だし不公平。

     僕は相手の魂そのものを見たいと思う。肉体がどうあれ、価値観がどうあれ、その人がその人ならば良いんじゃないの?

     あれは良い。ここは嫌。

     一人の人をそうやって分類するのなら、自分がそうされても文句言っちゃいけないよね。

     自分のやったことは自分に返ってくる。

     なら、自分がよいことや、やってほしいことをすれば返ってくるんじゃないの?

     自分は認めてほしいけど、他人は認めたくない。

     ・・・何言ってるんだ?そんな都合のいい話あるわけないじゃん。

     

     愛されたかったら、愛すればいい。優しくしてほしければ優しくすればいい。

     そういうことなんじゃないの?

    「LGBTは気持ち悪い」

    という人がいても、

    「あなたのことは気持ち悪くない。良い人だね」

    といわれるようになれば、

    「LGBTは気持ち悪いと思ってたけど、気持ち悪くない普通の人たちなんだね」

    ってなるかもしれないじゃん。

     人間ってそんなものじゃないの?

     

     

     

    JUGEMテーマ:日常

    応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
    0
      ランキングはこちらから
      にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
      | 立花月夜 | 立花的私事。 | 16:27 | - | - |
      暑くなりそうですねぇ。坂本龍馬も投げ込まれた鏡川の思い出

       暑くなりそうですね。

       朝からモンスターハンターワールドやってたら、肩こりがひどくなった月夜です。

       室内の温度は現在26度

       なんかじめっとしてる気がする。

       

       月夜は高知の生まれ。高知は何せ暑い。

       夏は川で泳ぎ、冬はこたつで文旦を食べる。

       そんな生活をしておりました。

       20年近く前まで。

       鏡川には自転車で行くのですが、途中で水車が回っていたり木陰が涼しかったり。

       もう30数年前の原風景です。

       今はどうなったか知らない。

       故郷を出て20年経つしね。

       鏡川は結構流れが早くて、年間数人の水死人が出ます。

       かくいう僕もおぼれかけたことが。

       歩いていたら、川底の砂に足を取られ。

       人間ああいう時、立とうとするんですよね。

       砂が柔らかくて、ずぶずぶ沈んでいく。

       鏡川は流れが速いので、急に深くなっているところも多いんです。

       水を飲みながら、ふと。

      「水なんだから浮くでしょ。パニックになって立とうとするから溺れるんだよね」

       冷静すぎる。冷静な判断で、息を止め浮こうとすると浮いた。で泳いで岸に。

       友人に

      「おぼれた」

      といっても信じてもらえず。

       ホントに人間がおぼれるときって、「きづかないうちにいなくなってた」ってあるあるなんだなあと。

       でも夏の日差しに揺れる木陰やたくさんの水で回るたくさんの水車や、キラキラした水面は今も思い出せます。

       今は便利になったけど、便利じゃなかった時代はそれでそれなりに

      「自分で遊びを考える」

      ということができたので、楽しかったなあと思う。

       今の子たちは

      「0から自分で何かを作り上げて楽しむ」

      という機会がなくてそういうのはもったいないかも。

       

       輝いていた子供時代の原風景。

       もう存在しないとしても、自分の中では永遠に輝き続けるんだろうね。

       

       

      JUGEMテーマ:日常

      応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
      0
        ランキングはこちらから
        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
        | 立花月夜 | 立花的私事。 | 12:25 | - | - |
        生きるということ。魂のジェンダーにとらわれないで得たもの

         僕は性格は自他ともに認める男。

         そして顔は男。胸があるので、無意識に女だと思ってもらえる。

         胸を隠してるときは「お兄さん」である。

         

         僕は性的役割というものは「女」である。

         でも性格は男。

         旦那と

        「女ってさー」

        「しっぽがある女の子がいたら、後ろから責めて尻尾をつかむのが男のロマン」

        という話をしている。

         夫婦の会話ではなく、男子会トーク。

         

         まあそんなこんななんだけど、僕は「家を守ること」が自分のやるべきことだと思っている。

         社会とのつながりとかそういうものはネットで満たされているので、働きに出たいとは思わない。

         というか無理だしね。働くの。精神的にムラがありすぎて。ちゅどーんなると動けないからね。

         案外繊細なんだよ?

         

         僕は「囚われること」はつまらないと思っている。

         何に?常識・他人の目・自分のジェンダーいろいろなもの。

         僕も若いころは

        「男に生まれればよかった」

        と思っていた。今でも思う。男だったら手に入ったもの。男じゃないから手に入らなかったもの。

         でも逆に言うと

         

          女だから手に入ったもの

         

         も結構あるんだよね。たぶん。

         男になりたい。男だったら。と呪いのようにつぶやかず、目の前にある決断を楽しんで、最善の結果を選んできて手に入れたもの。

         それは「男だったら」手に入らなかったもの。

         

         僕が見てきたトランスジェンダーには、心に大きな傷を負った人が多かった

         自分の性を憎んで、その性を捨てたいと願い続ける人。

         それにはいろいろな心的外傷を受けた人も多い。

         断片を聞くだけで、その人が負った心的外傷の大きさをさっするにあまる。そんなこともね。

         

         ありのままの自分を受け入れるのが難しい人たちがいた。

         ありのままの自分を受け入れられず、心的外傷を負った時とは違う自分になりたい。

         そんな切実で壮絶な人生を生きている人たちがいた。

         僕はいじめられたりはあったし、

        「男なら」

        と幼少時から言われつづけたけど、自己肯定感をいろいろな人にもらったからね。

         県民性としても、女が強い県だったから

        「女らしく」

        なんていわれたことないし。

         心的外傷をもってトランスジェンダーになった人はたくさんいると思う。

         そんな人たちに

        「自分を受け入れて」

         なんていうのはナンセンスだね。

         だけど、「性別を変えて楽になれる」ならいいけど、なれない人たちだっていると思う。

         それだけはやってみたいとわからないけれど。

         

         ただ。心的外傷を背負って生きるにしろ、性別が何であろうと、あなたはあなたでしかないということ。

         ただ一人誰にだって、一人は自分を必要としている人がいる。

         それは自分自身。

         自分をどんなに憎んでも、自分は自分でしかないのだから。

         違う性になりたいというなら、なればいいと思う。

         だけど、「違う人間」ではなく、あくまで「自分は自分でしかない」んだよね。

         男だろうと女だろうと。

         

         自分は手術では変わらない。体は変わるけど。

         自分を変えるのは自分自身でしかないんだから。

         暗い穴の中で呪いを吐きながら生きるしかない人生もある。

         だけど自分を呪いながら、他人を呪いながら、すべてを呪う人が楽になれるわけはないと思うんだよね。

         

         しかたない。こんな無責任な言葉で自分を閉じ込めないでほしい。

         誰だって我慢しなきゃならないこと、不自由なことはいくらでもある。

         生きてれば。だって人間なんだもん。

         誰だってそのルールや縛りの中で精いっぱい生きているんだよ。

         

         あなたは何を手に入れ、何を失った?

         僕は男としての人生を失い、女としての人生を手に入れた。

         ただし、化粧はしないしフリフリも着ない(笑)

         

         決めつけジェンダーなんかくそくらえ。

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:LGBT

        応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
        0
          ランキングはこちらから
          にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
          | 立花月夜 | トランスヴェスタイト | 15:47 | - | - |
          帝王切開の記憶。帝王切開の手順?と術後。男が子供を産むということ。

           何度も書いたけど、消えちゃったのでこの話題。

           

           僕は心は男らしい。怖い世界で生まれ育った人たちに、やたら愛される。

           姐御たちにかわいがってもらって、御曹司だったパパ彼にも女としてではなくある意味戦友として愛してもらった。

           電話でしか話したことがない裏社会の人に

          「結婚してくれ」

          と告白されたり。

           男だったら、女の人に対してものすごくひどいタイプだったので、今のほうがマシだとは思います。

           僕には二人の子供がいます。

           トランスヴェスタイトの上娘と女の子な下娘。

           出産方法は帝王切開。

           帝王切開って、切った後、お腹をギュウギュウ押して赤ちゃんを出すんです。

           薬投与されてボーっとして、痛いのにギュウギュウされて瀕死状態に。

           子宮を収縮させる薬が「激重の生理痛」並み。

           でもこれをしないと出血を止められないそうで・・・。ウウウ。

           術後24時間以内に歩かないと傷の治りが遅くなる。

           というので、点滴の台にすがって歩き回ってました。うめきながら。

           看護士さんたち

          「すごい。24時間以内に歩いてる〜」

           ・・・・あなたたちが「歩け」といったんでしょうが・・・。

           

           とまあ怖そうなことを書きましたが、赤ちゃんが詰まってしまうこともないですし、赤ちゃんの異常にも素早く対処できるよういろいろな先生が集まってから行うようなので安心です。

           多少医師や病院によって違いはあると思いますが。

           

           男が子供を産む。

           

           ありえないことなんだけど、トランスジェンダー(体をいじってない生殖器を残している場合)はこれが可能なんですよね。

          「男が赤ん坊を産むなんて、なかなか体験できないから生んでみよう」

          というのが一つ。旦那が赤ん坊を欲しがったので

          「産んであげられるんなら産んでやろうか」

          と思ったのが一つ。

           男だから子供は産まない。なんて固定観念に縛られなかったのと、旦那は遺伝子上産めないので僕が産むしかなかった。

           せっかく産めるように作られて、産む機会もあるので、「男だから子供を産むなんて」という固定観念で自分を縛るの嫌いなんですよね。

           男が子供産んだっていいじゃん。

           産みたくても産めない男性だっているのに。

           誰だって生きている以上は、不自由はたくさんあります。

          「できないこと」をとやかく言ってうじうじするより、「今を楽しんでみよう」と思ったんですよね。僕は。

           帝王切開でしたけど。助成する前から帝王切開は想定内。

           膣内が狭いので下から産めません。

           

           実際は精神的に修羅場でしたけどね。

           子供がお腹の中で動くことを、「幸せ」なんて一切思いませんでしたし。

           だって自分の意志と無関係に、ぐにゅうって動くんですよ。

           気持ち悪い。

           出産して抱きしめても、「愛しい」なんてみじんも思いませんでした。

           今でも「かわいい」「愛しい」と思ったことはありません。

           自分と別の人間で、自分は自分。子供は子供。

           旦那のことは愛しているけれど、

          「愛しているあの人の子供♡」

          というのもない。

           だって、「旦那と我が子は全く別の存在」なんだし。

           子供に育ててきた情はありますが、母性というものは感じたことがありません。

           だからこそ娘たちのメンタルや知性をありのままに受け入れて、理性で子育てができたんだと思っているけれど。

           ミルクをやるのに、乳首をくわえされたくなくて、それを察してくれた看護士さんに慰められたり。

          「男が産婦人科にいる〜」

           とよく笑われました。

           胸がなかったら男だもんなあ。僕。

           

           僕的には子供を産んでよかったと思ってます。

           人間を育てるというのは、とっても大変で責任があるけれど。

            

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:出産方法

          応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
          0
            ランキングはこちらから
            にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
            | 立花月夜 | 既婚ビアン | 15:38 | - | - |
            相手の価値観に合わせるということ。−既婚ビアン

             既婚ビアンの多くは、そんなに世間からずれた人は少ないように思う。

             中には、「・・・はあ?」みたいな人がいるけれど、今まで出会った中ではそこまで変な人はいない。

             見かけはするけど、スルーすればいいしね。

             

             グループにいると、「相談」されることは多い。

             大体の場合

            「相談ではなく共感がほしいだけ」

            なんだけれど、中には本当の相談事もまぎれている。

             相談事に限らず、相手と話しているときに僕が無意識にやってるらしいことは

            「相手の価値観に合わせる」

            ということ。だから僕はリアルで話す内容と、ブログに書く内容がずれることがある。

             そりゃそうだ。話してるときは相手の価値観に合わせるからね。

             合わせきれないタイプの価値観の人は、さっさと切り捨てる。めんどくさいから。

             

             他人に自分の手の内を話さない。引かれるからねぇ・・・^^

               でも実際、相手の価値観に合わせるというのは、高度な技のようだ。

             自分は無意識にやってるので、そうは思わないんだけれど。

             人間は自分の価値観しか「理解」できない。僕だって、「察せる価値観の幅」には限界がある。

             たとえば、

            「ただコミュニケーションが苦手なだけの優秀な子どもを、知的支援学校に入れようとする親」

            は理解できない。いるんだな。これ。

             価値観の幅には限界がある。僕も同じ。だけど僕はリアルで自分の価値観を他人に押し付けようとは思わない。

             なぜなら自分が特殊だと思ってるから。

             理解されたい

             という承認欲求は誰にでもある。

             僕はそれを「他人」に求めるときはブログやミクシィなんだよね。

             反応が返ってこなくてもいい。理解できる人だけ理解してくれればいい。

             なのに理解できないやつがかかわってくるとうんざり。

             

             ・・・自分が理解できない価値観の人に対して、どうして自分を理解してもらおうとするのか。

             

             僕はLGBT問題についても、別に「理解できない」「気持ち悪い」と言ってる人がいてもいいと思う。

             まして僕は既婚ビアン。不倫+レズビアンなわけだし。

             でも旦那にとやかく言われるのは理解できるけれど(実際とやかく言わないし、むしろ乗ってくるけど)、他人に

            「不倫だー」「同性愛だー」

            って言われるのは非常にめんどくさい。教えてくれなくてもわかってるよ。んなこと。

             人っていうのは、個々に立場が違う。

             同じ家族だって、同じ組織にいても。

             相手の立場に立ってものを考える。っていうのは、相手の価値観も汲み取ることじゃないのかと僕は思うわけで。

             僕の価値観を理解することを、他人には要求しない。僕の価値観を理解できる人は本当に少数だと思うから。

             家族だけ知ってくれればいい。

             理解できない。気持ち悪い。と思っていても、それを出さなきゃ誰も傷つかないでしょ?

             なのになぜわざわざ、自分が

            「理解できない。気持ち悪い」

            と思っている相手に、自分の思いや価値観を伝えようとするのか。わからない。

             理解できなきゃスルーすればいいじゃん。

             このご時世、政治や人気取りにLGBTが利用されてるけどさ、実際問題

            「みんな違ってみんないい」

            じゃなくて、

            「理解できない価値観はスルーすればいいじゃん」

            なんだよね。僕的に。

             既婚ビアンいじめ問題についても、「スルー」したり「なんだかわかる」と言ってくれる人はかなりいる。

             その中で、キーキー言って既婚ビアンありえないと言う人は

            「ちょっと何かといろいろ弱い人なのかな」

            と僕は思っているわけで。

             知り合いでもない他人のことをとやかく言う人って、人生暇なの?

             そういう人に限って、

            「自分はトランスジェンダー(レズビアン)だから、いろいろ苦しんだ。世間が認めてくれないからだ」

            って責任転嫁してる人がいたり。

             既婚ビアン、少なくとも僕の見る範囲では

            「認めてほしい」

            なんて言ってる人見たことないんだけど。みんな自分が異端だと知ってるから。

             理解できなくてもいい。スルーしてほしいと思ってる人は多いと思うけどね。

             恋愛と承認欲求は明らかに違う。

             トランスジェンダーは承認欲求が強い人多いけどね。

             いろいろと押しつけが多すぎて、気持ち悪くなるので友人にはいないけど。

             僕は女の体に男の魂を持つ本当の意味でのトランスジェンダーは、異性愛にものすごく有利だと思ってるけどね。

             自分の経験からだけど。

             

             相手の価値観に合わせて話をしてあげる。もしくはスルーする。

             そしてそれができない、許容範囲を超える相手はすっぱり切り捨てる。

             

              それでいいとおもうんだよ。

             嫌な奴のことを考えるより、スルーして他のことに打ち込むほうが時間は有意義だよね。

             そうなりたいね。 

             

            JUGEMテーマ:既婚LGBT

            応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
            0
              ランキングはこちらから
              にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
              | 立花月夜 | 既婚ビアン | 12:58 | - | - |
              mixiに来てくれてありがとう+既婚ビアンは恥じることなど一つもない。

               ミクシィの既婚ビアンコミュニティには、たくさんのメンバーがいる。

               現在411人。

               既婚バイも混ざっている(はじいてるつもりなんだけど、100%は無理)300人以上は既婚ビアンがいると思う。

               

               さて、ここを見てくれてコミュに来てくれる人もいる。

               ありがたいことである。

               

               既婚ビアンと既婚バイの問題については、いつも話してきてるので今日はその話はしない。

               

               今日は旦那さんと既婚ビアンの話。

               僕は基本的に旦那を愛している。

               どんなに女を愛しても、旦那と別れて彼女と一緒になろうとは思わない。悪いけど。

               彼女といる時間は彼女だけしか見てないし、旦那と僕の関係を全否定するならその女とはやっていけない。

               ・・・まあ旦那を横取りしようとした女もいたけどね。スペック高いからねぇ・・・。

               イケメン。メーカー勤務。女には優しい(フリができる。僕仕込み)

               メーカー勤務だから給料高いとは限らないんですけどね。

               

               僕が旦那を捨てないのは、

               僕は男になった時の自分を旦那に投影しているから。だと思っている。

               女遊びを笑って許せるのも、僕自身が男なら必ず?女遊びは派手だから。

               嫁さんと遊び女は別。

               と僕は思ってるし、そこで他の女に取られたとしたら自分の魅力が足りなかったに過ぎない。

               捨てられた他の奥さんにはそんな思いは持ちませんけどね。

               素直に「旦那さんひどいね」と言いますけどね。だって、他の女性の価値観は僕と違うから。

               相手に共感するときや相手の悩みを聞くときは、相手の価値観に合わせた思考をする。

               人付き合いの基本でしょ?

               

               旦那との関係。僕は既婚ビアンであることで、この言い訳をしなくていいと思う。

               たくさんいるんだよ。自分がレズビアンなのに、男性と結婚した「言い訳」をする人たち。

               そんなこと、「あなた自身であること」に何の関係があるの?と言いたい。

               結婚していろんな思いを持って、ここにいる。

               それがあなたのすべてじゃないの?と。

               

               あれはいや。ここはいい。と一人の人の生き方を分類する資格があるヤツなんかこの世界にしないと思うよ。

               結婚したこと。レズビアンであること。人によっては子供を産んだこと。

               何を恥じることがあるの?

               それは他のLGBTも一緒だけどね。自分の人生にとやかく言うやつがいても、そんなやつどうでもいいと思うんだ。

               落ち込む気持ちはわかるけどね。

               歩いてきた自分の人生に、とやかく言うやつは切り捨てりゃいい。

               別に無理して機嫌とることねーじゃん。

               

               僕は愛人やってても、相手の奥さんを憎んだことはなかった。

               だって、恋人が歩いてきた人生の一部だもの。

               それを愛せずして、相手を愛してるなんて言うの失礼だろ?

               

               相手を丸ごと愛せないなら、「愛している」なんて言う資格はない。

               と思っているわけで。

               結婚しててもレズビアンでも子供がいても、自分の選んだ道(たとえ押し付けられたと感じていても最終的には自分)ならそれごと愛してくれる人がいると信じたいよね。

               実際はなかなかいないけどね。

               

               LGBTだから他の人とは違う。という人いるけど、結局同じなんだよ。

               恋もするし、生活するし、トイレにもいくし、嫌なことは嫌だし。

               人間だもの。

               

               レズビアンなのに旦那がいる。子供がいる。

               他人がどう言おうとそれがあなたの人生。恥じることなど何一つない。

               少なくとも僕は恥じない。

               本気で愛した相手が男で、好きになる相手の性は女。

               ただそれだけのことでしょう?

               

               苛められる人もいるけれど、苛められる人にいいたい。

               それは苛められるあなたが悪いんじゃない。

               あなたをいじめる人たちは、自分の心の問題に気がつかない哀れな哀れな人間にすぎない。と。

               それは既婚ビアン差別だけじゃないけれどね。

               

               

              JUGEMテーマ:既婚同性愛

              応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
              0
                ランキングはこちらから
                にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                | 立花月夜 | 既婚ビアン | 12:21 | - | - |
                他人を愛するってどんな気持ち?月夜の場合。

                 愛。人それぞれですよね。

                 僕の場合は、本気で好きになると見返りを求めなくなる。

                 

                 相手の喜ぶことをしてあげたい。

                 だけど自分の好意に対して

                「愛してほしい」はもちろん、何かを返してほしいと思わない。

                 自分が勝手にした好意で、相手に何かを求めるのは自分勝手すぎやしないかい?

                 と自分では思っている。

                 まあ他人が

                「これをしてあげたから、相手にこうしてほしい」

                と言っていても

                「そりゃ見返りを求めたいよね」

                と思ってる。自分の価値観を他人に押し付ける感覚がちょっと理解できない。

                 自分とは違う人間なのに。相手だってね。

                 

                 自分は○○してあげたのに、相手は何もしてくれない。

                 相手に何かを求めるのって疲れない?

                 僕は「自分がしてあげたいから、しただけ。それにこたえるか答えないかは、相手の自由」だと思っている。

                 あと、相手がいかに「自分らしく」いられる場所を作ってあげるか。

                 僕は基本的に恋人に

                「こうして」「ああして」

                 といろいろ押し付けたりしない。だからこそ、最初の彼女はキチガイが浮き出ちゃったんだろうけどね。

                「誰かの言いなりになって自分の都合の悪いことは他人のせいにする」

                というスタンスのボーダー(境界性人格障害)だったからね。

                 僕は彼女に何も押し付けなかった。

                 彼女が自分の心と判断で生きることを望んだ。

                 で、彼女混乱。

                 他人の言いなりになって相手が望む自分を演じて、

                「本当の私をだれも見てくれない。可哀想なわたし」

                 が使えなくなったからね。

                 彼女は

                「私はあなたの言うことを聞いて、望むことをしているんだから、私の言うことを聞きなさい」

                と支配する系。僕には通じず。

                 挙句、僕の旦那を横取りしようとして失敗。

                 

                 既婚ビアンの皆さんは気を付けてね。

                 

                 レズビアンのふりをして近づき、旦那をかすめ取ろうとするメンクラ(メンタルクラッシャー女)に引っかからないように。

                 ・・・僕だけか(笑)

                 

                 僕は恋人に「誰よりも自分らしく生きること」を望む。

                 二番目の彼女のノエルは、夢を追いかけたいと僕と別れた。

                 彼女が夢をつかんで、誰よりも自分らしく生きているといいなと思う。

                 

                 相手を支配したいと思うことも愛情。

                 僕のように相手を自由にしてあげたいと思うことも愛情。

                 どっちも愛情だとは思うけど、内容は真逆。面白いね。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:大人の愛

                応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                0
                  ランキングはこちらから
                  にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                  | 立花月夜 | 立花的私事。 | 11:51 | - | - |
                  東京は大雨になるらしい。あまがえるの話。

                   今日の夜くらいから東京地方はあめになるそうです。

                   雨。

                   僕は雨は好きですが嫌い。

                   雨の日に窓ガラスを流れる水滴を見るのは好きですが、出ていくのは嫌い。

                   夏は特に。べたべたする。

                   

                   雨と言えばアマガエル。

                   最近はすっかり見なくなりましたね。

                   アマガエルは実は毒を持っている。

                   って知ってました?僕は知らなかった。

                   学名はHyla japonica 

                  毒の強さは 普通に触る分には問題ないけれど、傷口のある手で触ると激しい痛みが走る。

                  目を触ると失明することがあるくらいだそう。

                  すごいな。アマガエル。

                   

                   カエルというのは、心理的には両性具有的な意味があるらしい。

                   

                   僕はコラージュセラピーをしたときに、自分の本質に「カエルの絵」を貼ってしまった(笑)

                   

                    カエルというのは「両生類」で、陸でも水の中でも生きている存在。
                  ということで、水の中の生き物でも陸の生き物でもない。
                  ということから?なのか、両性具有ということになるらしい。
                  その時のカウンセラー講師さんの見立てだけどね。

                   ユングによると、カエルは創造と再生の生き物でメッセンジャーだそうだ。
                  無意識と意識の領域を結ぶメッセンジャー。
                  深い。

                   コラージュセラピーって面白いんだけど、ゴミが出るし僕はそんなに雑誌を持ってないんだよね。
                  雑誌からいろいろ切り抜いて貼っていくんだけど、貼った場所や物で心理を読み取るんだよ。
                  すごく面白い。
                  いつかオフ会とかでやってみたいかも。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:挨拶

                  評価:
                  ---
                  岩崎学術出版社
                  ¥ 3,024
                  (2004-10-30)
                  コメント:コラージュセラピーを学びたいあなたに

                  応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                  0
                    ランキングはこちらから
                    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                    | 立花月夜 | 立花的私事。 | 10:54 | - | - |
                    愛のあるセックスと愛のないセックスの違い。性教育と僕。

                     ども。娘が

                    「スローセックス」

                     という単語を吐いて笑っちゃった月夜です。

                    「心のつながりを大切にしたい」

                    という話をしている動画を見て

                    「スローセックスがいいのか」

                     ・・・まあ。うん。

                     

                     僕はセックスを悪いことだとは思わない。

                     好きだから抱きたい。触れたい。

                     という気持ちがわかるから。

                     

                     好きな相手に抱かれて幸せになる。

                     

                     という気持ちを知らない女性がいるとしたら、僕はもったいないなあと思う。

                     逆に、好きな女に気持ち良くなってもらう喜びをしらないタチや男はもったいないなあと。

                     さてそんな僕なので、子供たちに

                    「性は悪いこと」

                    とは教えなかった。

                     僕自身は性についてはやりたいことやってたしね。

                     ただちゃんと避妊はすること。病気には気を付けること。

                     というのは教えてきた。

                     

                    「どうやって赤ちゃんはできるのか」

                     

                    という本は幼児期から与えていた。卵子と精子が出会って・・・というもの。

                     僕はごまかすのは大嫌い。

                     なので、赤ちゃんは運ばれてきたとか「嘘」をつくのは嫌い。

                     大体親が「嘘」をつくのに、「嘘を付いちゃダメ」なんて教えるのは矛盾だろ?

                     小さなときから、仲がいいとキスをしたりいちゃいちゃするのは当たり前。だと育ててきた。

                     

                     子供の愛情表現は、親の愛情表現を見て学ぶと僕は思っている。

                     親が思いやりあっていれば、思いやりを学ぶ。

                     親が仮面夫婦なら、仮面愛情を学ぶ。

                     

                     性教育は日常、親と親がどう接しているか。

                     そこから始まっていると思う。

                     僕は

                     

                    +デキ婚は許さん(ケジメがつけられない人間は他でも無理)

                    +避妊をしない男は相手を愛してない。避妊しない男とは幸せにはなれない

                     

                    と教えてきた。セックスについては相手が同性でも異性でもべつにいいじゃん。

                     アブノーマルでも、お互いに納得してればいいじゃん。

                     だと教えてきたけどね。

                     性に対して隠したりしないし、真摯に答えてきた。

                     中学生になったのでそういう話をたまにするけど、笑いながら話し合う。

                     

                     大事なことだからこそ、隠したり怒るのはおかしいと思うんだよね。

                     そんなことするから、子供たちが「悪いこと。隠さなきゃ」ってなって変な方向に行くこともあると思う。

                     

                     誰を愛そうと、

                    「相手のために何かしてあげたい」

                    が重要だと。セックスも自分の欲望を満たしたい。じゃなくて、

                    「相手を気持ちよくしてあげたい」

                    という思いがあるのかないのか。

                     そういう思いがあるのが「愛のあるセックス」だと思うんだよね。

                     自分さえ気持ち良ければいい。って言うセックスがしたいなら、風俗行けばいいだけだしね。

                     同性愛風俗だってあるんだから。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:日常

                    応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                    0
                      ランキングはこちらから
                      にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                      | 立花月夜 | 既婚ビアン | 12:35 | - | - |
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE