既婚ビアンブログdarknessLove

 既婚ビアンブログでございます。交流はmixiの既婚レズビアン(既婚ビアン)コミュニティにてお待ちしております。遊びに来てねー
他人がどう思うか?じゃなくて自分がどう思うか。だろ?

 僕は基本的に他人に興味がない。

 好きな相手ができても、

「相手にどうみられるか」

 を全く気にしないタイプ。

 相手が気に入らないなら仕方ないよね。

 だって僕は僕でしかないんだから、嫌なら他を探せ。

 

 相手の機嫌をとったり、相手に合わせることが嫌い。

 他人に対して「この人はこういう人なんだ」という分析はよくするけどね。

 

 誰か好きな人や気に入った人に気に入られようと自分を変えられる。

 それは僕はすごいことだと思う。

 僕は旦那相手にさえ、気に入られようと思ったことがない。

「これをしてあげたら喜ぶかな」

はあるけど、別に喜ばなくてもそんなことどうでもいい。

 自分が「してあげたい」「やりたい」と思うことこそが重要。

 やった時点で自己完結。

 

 LGBTに限らず「自分は周囲にどう思われるか」を気にする人がいる。

 それって疲れないだろうか。

 誰にでも好かれて愛されるなんて、普通ありえないことだ。

 この時代特に、ちょっとした些細なことで他人をたたいて憂さを晴らす、最低人間が多いしね。

 

 自分がどうしたい?

 

 ここのところが僕は生きていく上で重要だと思う。

 他人がどう。じゃない。自分自身がどうしたいか。

 他人が何と言おうと、自分はこの道しか生きられないんだ。

 という決意と覚悟と。

 僕はそんなものしたことないけどね。自分は自分にしかなれない。

 男になったって自分の人生からは逃げられないし、欲しい物も手に入らない。

 女に生まれちゃったこと、男らしいと言われること。実母や彼氏たちにまで「男だったらと言われること」

 男の自覚はあるけど、子供を産んだこと。旦那のことを愛していること。

 全部ひっくるめて自分でしかない。その一つが欠けても、今の自分ではない。

 

 僕は自分がしたいように生きてきたから、そう思えるんだろうけどね。

 自分は女だから・・・って我慢したことがないからね。

 仕事もコックさん時代全然かわいがってもらったし。

 土地柄もあると思うけど。

 

 自分がどうしたいか。他人から何を言われようと、それを通す人生もいいんじゃない?

 LGBTだから。じゃない。人としてどう生きたいか。だろう。

 

 

応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
0
    ランキングはこちらから
    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
    | 立花月夜 | 立花的私事。 | 13:19 | - | - |
    ネット恋愛やネッ友は返事が来なくて当たり前。やり取り続くのが珍しい

     既婚レズビアン(mixi)コミュニティは基本稼働がゆっくり。

     何故か考えてみた。

     

    +登録(自己紹介)しただけで満足しちゃう

     登録しただけで満足しちゃう。って僕もたまに他のSNSであるんだけどね。

     

    +一方通行で自分から交流しようとしない

     交流したいとか友達欲しいとかって登録するわりに、自分が気になったり「あいそうかな」と思った人にメッセージを送ることはしない。

     受け身だけ。

     

     ミクシィで公式のダークネスラブ公式既婚レズビアンコミュニティを運営しているんだけど、結構過疎ってることが多い。

     まあ管理人もそんなにいかないので、文句言ってるよりお前が出ろ。なんだけどね。

     文句は言ってないな。あれがうちのペースなんだろうし。

     純粋になぜなのか考えてみた。

     分析するの好きなもんで。

     

     年取って思うのは、日付が新幹線並みに(ひかり)早いということ。

     数日経過なんてあっという間だし、それを繰り返してるといつの間にか数か月経過。行こうと思ったら何日も経過してた。

     なんて。メールの返事も同じ。

     

     僕は二人とも彼女はネット恋愛(旦那ともネット恋愛だけど・・・僕の人生ほとんどネット恋愛・・・!)なんだけど、続く相手って、波長と言うかフィーリンクが合うんだよね。

     僕の場合はメッセージをもらった時点で

    +自己紹介しない

    +なれなれしい

    +最低限の敬語が使えてない

    +価値観が嫌い

     だと切り捨て。しばらく続いても気に入らなかったら切り捨て。

     慣れてきたころに押しつけがましい価値観を出してくる女。あるある。

     話しても無駄な人間と話すほど人生長くない

     

     ネット恋愛(面倒なので友達探し含む)において、

    「返事が来なくなるのは当たり前」

    なんだけど、大抵の人がへこたれるらしいね。

    「メール続かない」

    って縁がないだけなんだけど。

     僕はLINE既読とかめんどくさいタイプ。相手と価値観が合わないと感じたらすぐ拒否。

     なので、メールをやり取りをしていて途切れてしまったもへこたれない。

    「縁がなかったんだな」

     ど終わる。

     やり取りが続かなかったら、自分を否定されてる気になる人がいるようだ。

     でも、たかがネットでしかやり取りしてない人間が「自分の何を理解してるのか」って思わないのかな。

     僕は色々なサイトをやってるけど、

    「万人受けはしないな」

    と思っている。

     それでも数人ぐらいは「面白い」と言ってくれる人がいるから続けているわけだ。

     僕ももうこの世界長いので、ずいぶん長い付き合いになる常連さんだっているだろう。

     そういう人たちを大切にしたいと個人的に思っている。

     

     ネット恋愛やメール友達において、「返事が来ない。自分の人格を拒否された」と思う人はやっちゃダメ。

     そして受け身の人も期待しない方が良い。

     女性は何に対しても受け身多いけどね。

     受け身なのに「男女平等」とはこれいかに。

     まあ今の時代、異性愛も男女どちらも受け身だから結婚する人少ないんだろうけど。

     同性だから「拒否されないだろう」もはっきり言って甘い。

     同性だからこそ女性の場合は泥沼になったり、辛辣だったりする。

     

     女の怖さを知ってる人は既婚ビアンには多いと思うけどね

     

     本当に友達を増やしたかったら、当たりまくって砕きまくるしかない。

    「交流したくて入会希望」

    とメッセージしてくるわりに、全く受け身の人って僕的に「なんなんだ?」と思っちゃう。

     交流は自分から始めるもの。それ以上でも以下でもない。

     

     最近は相手から話しかけるのを待ってる人が多いみたいだけど、リアルでもそうなのかな・・・

     リアルでも「他人とコミュニケーションできない人」は増えてると思うけど、ネット内もずいぶん増えてきたなあと思う。

     リアルもネットも相手は「人間」でしかないんだけどなあ。

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:既婚LGBT

    応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
    0
      ランキングはこちらから
      にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
      | 立花月夜 | 既婚ビアン | 09:51 | - | - |
      関西の皆さん地震大丈夫でしたか。

       関西の地震、亡くなった方もおられるようですが皆さんは大丈夫ですか?

       僕んちは旦那のルーツが大阪で、義父母は現在奈良在住。

       耐震工事してたから、大丈夫だろうと思ったけど電話した。

      「大丈夫よー」

       義母家にいました。元気そうで何より。

       

       奈良では

      「ドン」

       と一度突き上げがあったらしく、長時間揺れるということはなかったそう。

       震源地に近い地震は、ドンだけなんですよね。

       波長的に揺れる地震は震源地から遠い。

       

       これが本震なのかなんなのかもまだわからない様子。

       皆さん気を付けてお過ごしください。

       ブロック塀には近づかないでくださいね。

       

       

       

       

      JUGEMテーマ:日常

      応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
      0
        ランキングはこちらから
        にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
        | 立花月夜 | 立花的私事。 | 09:04 | - | - |
        第三の性?について考えてみた。第三の性の意味?

         どうも最近不思議に思ったんだが。

        +男・女・第三の性

         というやつ。確かに「性にこだわらずに生きていきたい」という人はいるだろうけど、トランスは「第三の性」になりたいの?

         僕は「生まれ持った性とは逆の性を生きる(生きたい)」というのはわかる。

         だけどそれは男or女であって、「第三の性」っていうにはおかしいと思うんだよね。

         女に生まれた人は男になりたい。

         男に生まれた人は女になりたい。

         だけで、別に「第三の性になりたい」って言ってるわけじゃないよね?

         ここに差別があることに気が付かないのかね?

         第三の性ってのは「男でも女でもない」ってことでしょ?

         じゃあトランスは「性別は男にも女にも入れない」って言ってるってことじゃないの?

         

         第三の性、第三の性って、特別扱いの「性」を設けて特別扱いしてほしいの?

         とにかく特別扱いしてほしい。

         そういうのは既婚ビアンもいる。

         だけど、大体の人たちが

        「ありのままに生きていければいい」

        と思ってると思うんだよね。

         第三の性って騒ぐけど、実際どんなマイノリティだってただの人間じゃん。

         ただの人間をカテゴリ分けする意味が理解できない。

         なにか?第三の性は手術して姓を変えた人とカテゴリしてみるか?

         ありぃ?第三の性になりたくて高いお金出してつらい思いして、性適応手術受けたの?  

         違うんじゃないの?

         

         第三の性をトランスとカテゴリするならば、それ違うんでねーの?と思う月夜なのでしたぁ〜

         

        JUGEMテーマ:LGBT

        応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
        0
          ランキングはこちらから
          にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
          | 立花月夜 | 立花的私事。 | 11:31 | - | - |
          君は自分が好きか?依存すべてが悪いことじゃない。

           僕は自分が好きである。

           気に入らないところももちろんあるけれど、それでもそれを含めて自分自身なわけだしね。

           女に生まれちゃったことを今更とやかく言っても仕方ないし、

          「その時その時『最善の道』」を選んできた自負は、自分への自信と自己肯定感になっている。

           わが人生に一片の悔いなし。ってやつだね。

           

           僕だって昔はものすごく卑屈だったと思う。

          +太ってるからモテない

           と10代前半は思ってた。

           十代後半で「あれ?」になっちゃうんだけどね。

          「太ってる子はたくさん見たけど、とびっきりの美人♥ナンバーワンに綺麗だ」

          とやたらほめてくれた人がいたり(少なくとも彼の趣味ではあったようだ)、ヤクザやナンパ師と付き合ってきた。

           やたら女にモテる人たちと付き合ったり、それなりに認められた人たちとの付き合いが今の僕の自己肯定感のもとになっているのは否めない。

           もともと「プライドが生きていくのに邪魔なほど高い」タイプらしいのだ。

           今はその意味がよくわかる。

           

           自己肯定感ってのは高すぎると「自己愛性人格障害(自分さえよければいいとびっきりのいやな奴)」になっちゃうけど、低すぎても本人がつらいんだよね。

           自己肯定感が低い人が「自己肯定感」を手に入れたとき、ちょうどいい良い人になるんじゃないかな。

           じゃあなぜ自己肯定感が低くなるのか。

           これは親のかかわりが大きいと思う。親が自分のことを「認めてくれてた」か「そうでないか」でも違う。

           親が自分にどう接したか。それって自己肯定感の基礎になるんじゃないだろうか。

           

           ちなみに僕の場合は、良くも悪くも放置。

           放置されすぎて、親への情がほとんどないという。

           母親には多少あるけど、バカだなあと思う。

           父親。生きてるか死んでるかも知らん。

           

           自己肯定感っていうのは他人にもらうものなのかもしれない。

           うちの旦那は

          「月夜が愛する俺なら、俺は信じられる」

          っていうタイプ。

           めちゃくちゃ僕に依存してる。だけど、僕は依存すべてが悪いことだとは思わない。

           自分が強くなるため、自己肯定感を手に入れるための依存って悪いことじゃないと思うんだよね。

           なんにだって表裏はある。

           良いことの裏は悪かったり、逆もしかり。

           要は考え方なんだよね。

           僕は誰にも依存しない(心理的には)

           だけど依存し、依存されることで生まれる自己肯定感だってある。

           それが生きるための強さになるんなら、「共依存だ」とあざける人間の方こそおかしいと思うんだよね。

           人は誰かに依存してこそ、立っていられるのかもしれない。

           

           恋人を守ろうとする強さ。それは言い換えれば恋人への依存ではないのか。

           誰かを愛し、守ろうとしたことのない人にはわからんかもしれないけどね。

           恋とは愛とは「依存」なのかもしれん。そしてそれは「自己肯定感」につながるのかも。

           

           自分が嫌いな人は、「この人が愛してくれる自分なら好きになれる」と言う相手が見つかるといいね。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:日常

          応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
          0
            ランキングはこちらから
            にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
            | 立花月夜 | 立花的私事。 | 23:03 | - | - |
            同族嫌悪的なヤツ。自分に似た人は嫌いと言う心理と同性愛

             同性愛と異性愛の違いは「同性」「異性」の違い。

             当たり前だけど。

             

             レズビアンカップルが「続いていくの難しいんじゃないか」と言う話は前にちょっと書いた。

             箇条書きにすると

            +感情優先

            +感情引きずる

            +上書き型恋愛

             まあ代表的なところはそんなところかな。

             で、僕が42年生きてきて思うのは、男性より女性のほうが「同性嫌悪」って強いんじゃないかなということ。

             女は子孫を残すために「子供を産む」と言う仕事がある。

             子供を産むというのは命がけの仕事で、産んだ後も子供と自分を守らなきゃいけない。

             そういう点では、男より本能に近いものがあるのではないかと。良い意味でも悪い意味でも。

             僕も結構感情論はある。感情はあるから。たぶん他人より激しいぐらいに。

             だけどそういう時に

            「ああ感情論ではこうだけど、理性的に考えればどうなのかな」

            と考える。

             たとえば「猫の殺処分に反対するくせに、引き取らない」っていう文章があったとする。

             ・・・感情論の上塗りだよね。

             

            +殺処分反対・・・可哀想(感情)

            +引き取らない・・・可哀想言うくせに引き取らないとか無責任(感情)

             

             殺処分については可哀想だと僕も思う。けど、引き取りたくても引き取れない人たちが多いのも事実。

             遠方だったり、すでに多頭買いだったり、先住猫との相性とか。

             里親ボランティアがやたら敷居を高くして、「自宅を見せろ」「身分証を見せろ」なんて言うから引き取れない人だっている。

             それは本宅で書いたから省略。

             他人の感情論を責めつつ、自分も感情論。

             まあこれはよくあるんだけどね。僕もよくある。けど、理論武装はしている←始末が悪い

             

             女性は直観と感情が大切。

             レズビアンって女性同士なわけだ。お互いに直観と感情が大切だと、異性愛より修復が難しいんじゃないかと。

             そして子供を産み育てるという本能は

            +同性同士で協力する

             ことにも影響しているけど、

            +自分と似たタイプの人間は排除しよう

             とすることにも大きく影響するのではないかと思うわけだ。

             だって自分と似た遺伝子なんていらないもん。始末したほうがいいもん。

             自分の遺伝子を優位に残すために。

             それは生き物の本能であり、深層心理の奥底なんだけどね。

             相手が自分と似ているほど、嫌悪する。

             そしてそれが我慢できなくなる。ってのは女性に多いんじゃないかと。

            「相手の悪いところは自分の悪いところ」

            ってムカつく原因だしね。同性の場合それが多いのは仕方ない。

            「ホントのこと言われるとキレる」の変型判みたいな?

             僕も自分に似てる人はダメかもしれん。・・・逢ったことないけど。

             

             同性愛だとさ、自分と似てる部分が確実に一つはあって。

             性別って性器の形だけじゃないからね。同じなのは。

             脳みそも同性なわけで。

            「異性だから仕方ないよなー」

            が使えないのは女性にとっては案外大きいのかもしれない。

             

             

             

             

             

            応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
            0
              ランキングはこちらから
              にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
              | 立花月夜 | LGBT | 10:44 | - | - |
              男でも女でも何でもいいじゃん。自由に生きてけよ。自分の人生だろ。

               僕は専業主婦である。

               かといって、僕の性格を

              「女か」

              と聞けば、僕をリアルで知っている人の大半が

              「男」

              というであろう。・・・それも女ったらし(自覚あり)

               自分の心の性別とジェンダー(性的役割)を必ずしも一致させる必要などない。

              という見本みたいな生活。

               男として見られたいというか、胸を隠したらもはや

              「お兄さん」

              なので、男に見られたいとかない。

               っていうか女の格好が似合わないから、男の格好をしてたわけで。

               男でも女でもなく「立花月夜」でしかないわけだしね。僕。

               何度も言うけど、男になりたいといっても「遺伝子」は変えられないわけだし。

               女のジェンダーを男として生きるのも楽しそうだ。

               と思ったしね。運命の相手が男だったしね。

               まあ心は男なので、男同士の話ができるのが利点。相手も女ったらしなので、女ったらし同士の会話。

               

               男だ。女だ。と囚われてるから

              「男としてのジェンダーを生きたい。生きなければ」

              という強迫概念に追われるんだろう。

               レズビアンやゲイはそんな自分の性に対して、ごちゃごちゃ思わないだろうし。

               同性が好き。なだけで。

               トランスの人たちって「生まれ持った性」に対してすごく反発心を持ってるよね。

               ということは、その反発心を作った何かが必ずあるはずだ。

               その反発心の正体は「性的押し付け」「同性嫌悪」ではないのかと思うわけで。

               同性にレイプされた人は、自分が加害者と同じ性であることをものすごく嫌悪したりする人もいる。

               その人にとって自分をレイプした「加害者」と同じ性であるということがものすごく汚く思えるのかもしれない。

               幼少時に「女の子らしく」と育てられた女性は、もしかしたら子供のころ男の子が羨ましかったのかもしれない。

               それぞれだと思うけどね。

               僕の場合は自分が普通にしてるだけで

              「男の子みたいな性格」

              と言われてきた。顔も男だしね。

               大体ひらひらの服に合わないしさ。

               子供のころはおっとりしてて、自分的にはボケーっとした子だなあと思ってたんだけど。

               その時代の友人たちも僕に

              「遊び人」「ホスト」「地獄の門番」

              とか言ってた。なんでやねん。

               男になりたい。女になりたい。

               僕は自分が生きていきたかった世界で、それが通用しなかったからなあ。

               

               ジェンダーがどうであれ、自分は自分なんだ。

               という自己肯定感があれば、まずはトランスになってないと思うけどね。

               

               だって世の中には男より男らしい女義を持った素晴らしい女性がいるもんだもん。

               女より細やかな気遣いができる男だっているしね。

               男だから。女だから。より、自分はどうなのか。

               と思いながら生きていきたいもんである。っていうかそういう生き方しかできないけどね。

               

               娘に

              「親じゃねーよ。友達だよ」

              「親としてどうかと思う」

              とはいろいろ言われるんだけど、親というものがどんなものか知らねーから。

               僕の母親は子供に興味持たなかったからなあ。僕以上に。

               母親に恨みなんかないけどね。

               バカだなあ。とはよく思うけど。

               

               あ。全面ヒマワリがプリントされた手作りのワンピースを着せられていたことは、ちょっと恨んでるかな( ´艸`)

               だせーよ。おかん。

               

               

              JUGEMテーマ:既婚LGBT

               

               

               

              応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
              0
                ランキングはこちらから
                にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                | 立花月夜 | トランスヴェスタイト | 13:39 | - | - |
                既婚ビアン:結婚してよかったか?

                 結婚してよかったか?

                 

                 と聞かれたら、僕の場合はよかったとしか言えない。

                 旦那は自分を理解してくれ、受け入れてくれる人間の一人だ。

                 もちろんけんかもする。殴り合うし(僕は手加減するけれど)離婚したろうかと思うこともある。

                 それでも一緒にいるのは、

                「離婚したろうか」

                が感情論だからなんだろう。

                 我慢できない性格なので、嫌いになったら即離婚。という性格だしね。

                 

                 結婚というのは本当に人生を左右するし、めんどくさいことだって多い。

                 旦那と自分。

                 二人だけの問題じゃないしね。

                 義父母もついてくるし、義兄弟もついてくる。

                 もっとあれだと義親戚までついてくる。

                 その中で

                「自分は自分」

                を通すのが難しい人だっているだろう。

                 僕みたいに「嫁たるものは」を押し付けられて

                「ちんけな男に人生語られるほど、落ちぶれてないわッ。大阪湾に沈めるぞ。ゴラァ」

                と叫べる嫁はそういないだろう。

                 義父なんて何の役にも立たない玩具のおまけに等しい。遊べもしない。

                 親の押し売りの役立たずがッ。ぺっぺっ

                 パパ彼(元カレ25才年上。義父と二歳ぐらいしか変わらない)に愚痴ったら

                「カタギなんてそんなもんよ」

                 と慰められた。・・・それでもちっせぇ男は大嫌いです。

                 

                 結婚ってめんどくさいことばかりで、他人と暮らすってのは本当に大変だと思う。

                 僕はやりたいようにやるし、だれにも文句は言わせない性格だけど。

                 実際「お嫁さん」って大変なんだろなと思うよ。

                 僕ははっきりと

                「義父の面倒は見ねぇ。さっさと死んでくれたまえ」

                 と言い切ってるけどね。義母、義妹、僕。葬式のことを一斉に考えた年があって笑った。

                 義母には長生きしてもらわないと。

                 

                 結婚してよかったことは、何でも話せる「親友」ができたことかな。

                 価値観は違うけど、価値観の共有ができる。

                 でも初めからそうだったわけではなくて、やっぱりお互いケンカしてぶつかり合って作ってきた関係。

                 ケンカしない関係って磨けるものが何もないと思うんだ。

                 研磨だって、削るほうも削られる方も双方傷ついて行くわけだしね。

                 人間関係も一緒。

                 傷つけあって、それを修復していけば何よりも輝く絆になるんじゃないか。と。

                 親友だから肉体関係がないというわけでもない。

                 出張が多い旦那なんだけど。

                最近

                「あなたは家に帰ってきてるんじゃない。僕の穴に帰ってきてるんだ」

                と言ったら、娘が吹いてた。本人も笑ってたけど。

                 

                 結婚したくないのに既婚ビアンになった人も多いと思う。

                 もしくは結婚して男に絶望した人もいるだろう。

                 だけど、僕は最後は人と人でしかないと思うわけだ。

                「旦那が悪い」

                 確かに旦那が悪いこともたくさんあるだろう。

                 うちの旦那もDVだったけど、何度も何度も

                +どうして殴っちゃうのか

                +それをやってよい結果が出たことがあるのか

                 ということを反芻させた。

                 この何年かはやってない。

                 最後の時に僕の左目を殴って、僕が目が見えなくて大変な思いをした(右目はほとんど見えてないので)のを見てやらなくなったな。

                 見捨てるのはいつでもできる。

                 彼の闇に僕は向い合うことを選んだ。

                 僕にはそれを何とかする力があったからね。普通の人には薦めない。

                 すぐ離婚しろ

                 という話をする人がいるけれど、夫婦ってお互いに向かい合って生きてる人たちのほうが多いと思う。

                 じゃないと生活はできないからね。

                 夫婦のことは夫婦本人たちにしかわからない。他人にわかるもんじゃない。

                 嫌い合ってるように見えてつながってるきずなもあるし、仲がいいと思ってたら悪かったりすることもある。

                 

                 今、「結婚するんじゃなかった」と思っててもいいんだよ。

                 死ぬ寸前に

                「結婚してよかったかもなあ」

                と思えるようになれはそれにこしたことはない。

                 

                 だって人生の半分以上をかけた「覚悟」を無駄にするの悲しいじゃん。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:既婚同性愛

                応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                0
                  ランキングはこちらから
                  にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                  | 立花月夜 | 既婚ビアン | 10:40 | - | - |
                  結婚がうまくいく方法は異性婚も同性婚も同じ?

                   昨日の記事、すごく見てくれた人が多かった。

                   ありがとう。

                   だれだって

                  「ああしろ」「こうしろ」

                   なんていわれたくないよね。

                   

                   さて今回は結婚というもの。

                   僕にとっては同性婚も異性婚も区別なく結婚だと思うので、結婚で統一ね。

                   

                   さて僕は既婚ビアンである。

                   今更。

                   だから結婚してるわけで。

                   旦那は(中身は女性的だけれども)男。

                   不思議と旦那だけは気持ち悪いと思わないんだよね。

                   ・・・思ってたら結婚してないけどね。

                   

                   結婚を続けるために大事なこと。って同性でも異性でも関係ないと思うの。

                   結局人と人になっちゃうから。

                   相手を認めて、相手を受け入れて肯定する。

                   自分もそれをしてもらえる。

                   そういう関係が長続きするんだろうなと。

                   相手に

                  +愛してほしい

                  +家事してほしい

                  +○○してほしい

                   って求めてばかりだと、相手も疲れちゃうじゃん?

                   結婚のコツは「相手に求めないこと」だという人がいるけど、僕それは正解だと思う。

                   相手がどう。じゃないの。「自分がどう感じているか」なの。

                   自分がしてあげたいと思うことをすればいい。

                   それに対して

                  「○○してくれたらいいな」

                  の部分を相手に期待しない押し付けない。

                   我が家みたいに自由すぎるのもあれかもしれないけどね。

                   

                   わかってるよ。

                   いうのは簡単。難しいのは。

                   我が家は既婚ビアンとナンパ師と言うある種特殊な組み合わせではある。

                   なのでお互いに締め付けると息が詰まってイヤになる。

                  「○○してほしい」

                   というのが異性婚だとさ、「男脳」「女脳」の違いで理解し合えないことが多いんじゃないかと。

                   だって、どうしても脳の構造が違うらしいし。

                   それは差別じゃなくて区別でしょ?それが理解できてない人多いけどね。

                   

                   でも同性婚だと、

                  「○○してほしい」

                  と言うのに比較的気が付きやすいと思うんだよね。脳が同じ性別なわけだ。

                   遺伝子的にも。

                   でもそれがいろいろな条件でずれてくると、

                  「してくれなくなった」

                  っていう思いが強くなっちゃう。

                   それマイナス要因だよね。

                   

                   人間関係なんでもそうだと思うんだけど、相手に期待しないは重要なのかもねぇ。

                   

                   相手に期待せず、自分が相手にしてあげたいことをする。

                   お互いがそうなら、うまくいくと思うんだど。

                   僕がレズビアン婚がうまくいかないだろうなあと思う要因の一つに、

                  「女性って相手に対しての依存と期待がすごく大きい人が多い」

                  というのがある。

                   結婚したばかりの時は「レズビアンなのに結婚した♡」「きゃっきゃっうふふ」なんだけど、結婚って既婚ビアンがみんな知ってるように「生活」なんだよね。

                   何気ない日々の中にどう「愛」と「思いやり」を組み込んでいくか。

                   女の人って、相手に愛情無くなるとすっぱり切り捨てちゃうじゃん。

                   思い切りがいいというか。

                   元恋人への思いを残さないよね。

                   男は結構ねちねちと昔の恋人のことを考えると思うんだけど(僕はなぜかこっち)

                   男はフォルダー型の恋愛の人が多い

                   女は上書き型。

                   

                   嫌なことがあったら、女はフォルダー型。

                   男は結構上書き型?

                   性別による違いって絶対にある。

                   そして同性愛は

                  「同じ性別だからこそ嫌いになる」

                  ことだってある。

                   異性愛でも

                  「違う性別だから分かり合えない」

                  ってことはあるけれど。

                   結局最後は「思いやり」と「期待しない心」なんだろうなあとおもうわけで。

                   

                   

                   

                  JUGEMテーマ:既婚LGBT

                  応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                  0
                    ランキングはこちらから
                    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                    | 立花月夜 | 既婚ビアン | 11:25 | - | - |
                    こうじゃないとダメという人たち。

                     なんでもそうなんだけど、

                    「こうしないとダメ」

                    「こうじゃないとダメ」

                    って押し付けてくる人いない?

                     LGBTに対して

                    +性別らしくしろ

                    +異性を愛せ

                     みたいなことを言う人たちって、悪く言われるよね。

                     僕はLGBTは理解されなくても、スルーしてくれたり、区別はしても差別しなけりゃいいじゃん。

                     と思ってるわけだけど。

                     じゃあ、「こうしないとダメ」と言われがちなLGBTはそんなこと言わない人たちばかりなのか。

                     と言えば答えはNOだよね〜

                     だって自分たちは至上の特別な人間だと思い込んでる人たち居るからね。

                     特別になりたいからLGBT名乗ってる人たちには。

                     真正レズビアンの人たちは既婚ビアンに対しても、否定的じゃなくて

                    「結婚したらノンケになれるかな?と思うのわかる。」

                    と言ってくれたり、

                    「結婚しててもいいじゃん。レズビアンなんだから」

                    と言ってくれたりする。

                     それは自分がレズビアンなんだというしっかりした自覚があって、

                    「ノンケなのに仕方なく同性を好きなふりをしてる」

                    わけじゃないからだと思う。ノンケなのに仕方なく同性を好きなふりをしてる人たちにとっては

                    「異性と恋愛できるのに、結婚までしてるのに私たちの特別なテリトリーあらすな」

                    とか敵意をむき出すのですぐわかる。

                     結局のところ、他人に対して

                    「ああしろ」「こうしろ」というのが好きでも、言われたら「差別だー」って。 

                     お前も差別してるよなあ。スポンジ頭。と言いたくなります。はい。

                     差別されるのは「典型的キャラ」を作り出してきた先人も悪いんだけどね。

                     

                     良くも悪くも自分をしっかりと理解しているひとは、他人を否定したりはしない。

                     それはLGBTもおなじ。

                     いろいろな人がいて、カラーがみんな違う。のが当たり前だと知っている人たちはたくさんいる。

                     

                     会社にも趣味の世界にも多いよね。

                     会社なら仕方ないかもしれないけど(仕事だしね)、趣味の世界にもこういうやつ多い。

                    「○○じゃないとダメ」

                     ちょっと違うことをしたり言うと、パニックになってぎゃゃゃゃゃゃってやつ。

                     先輩風吹かしてこっちに言うこと聞かそうとしてきたり。

                     めんどくせーんだよ。

                     だからすたれてる趣味の世界っって多いよね。

                     趣味をもたない若い子が増えたんじゃなくて、

                    「遊びなのにめんどくさい人種と付き合いたくねーんだよ」

                    って絶対あると思う。

                     LGBT界にもあるとおもいます。

                     レズビアンはこうじゃないといけない。みたいなの。

                     ゲイにもあるかもしれない。

                     ナチュラルだけどレズビアンやゲイ。

                     それでもいいと思うんだけどね。

                     

                     自分のマイノリティを受け入れてほしかったら、他人に「ああしろ」、「こうしろ」いうなよ。

                     と思うわけです。

                     既婚ビアンは差別されがちだからねぇ。ホントそう思うよ。

                     

                     

                     

                     

                    JUGEMテーマ:日常

                    応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
                    0
                      ランキングはこちらから
                      にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
                      | 立花月夜 | 立花的私事。 | 13:46 | - | - |
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + 楽天市場
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE