既婚ビアンブログdarknessLove

 既婚ビアンブログでございます。交流はmixiの既婚レズビアン(既婚ビアン)コミュニティにてお待ちしております。遊びに来てねー
既婚ビアンの僕が"同性愛結婚"に反対である理由

 僕は"同性愛結婚"には反対である。

 

 どうしてかというと、結婚は「性別で」するものではないから。

 結婚を異性愛同士のみと『認識したうえで』"同性愛結婚"という言葉ができるわけだ。

 

 おかしいよね。

 結婚って「異性愛」「同性愛」関係ないと言ってる人たちが、「同性愛者カップルにも結婚を認めろ」っていうの。

 それを言うなら

「愛し合っているカップルたちが性別に関係なく結婚という制度を利用できる社会を」

 だよね。

 僕はたまたま「運命の結婚相手」が男だった。

 どんなに女を好きになっても、彼と離婚する選択肢は出てこない。

 僕にとって、旦那は僕自身の「投影」であり、運命であり、人生そのものである。

 

 でも結婚という物は「好きだから」するものではないことは、既婚者の人の中には気が付いている人も多いのではないだろうか。

 結婚には責任が存在すると思う。

 その責任を背負うからこそ、いろいろな優遇もあるんだろう。経済的社会的にね。

 好きだから―一緒にいたいからー

 それだけなら同性でもいいわけだ。

 

 僕は同性同士の結婚(とくに女性)は、異性との結婚より継続が難しいと思う。

 女性脳・男性脳もあるし、同性嫌悪と言うものも確かに存在する。

 同性愛者だから、同性嫌悪がない。なんてとっても安易な考え方だと思う

(実際それで悩んでいる方の記事も見つけた)

 女は相手が自分に近い存在になるほどに、同性嫌悪を浮き上がらせていく人だってたくさんいるように思う。

 それは恋愛とは関係ない、本能的な部分だと僕は思う。

 精神的距離がある時は我慢できたことが、べったり一緒だと途端に嫌になる。

 そんなの同性愛じゃなくても、異性愛でもあるけれど。

「異性はそういうところもあるのかな?」

 とならないところが同性愛の大変なところだと。

 特に女性同士は感情をぶつけ合う傾向にあるしね。お互いが遠慮しないと泥沼に発展する。

 バイセクシャルの友人が

「泥沼修羅場に巻き込まれるのは、圧倒的に女性相手の恋愛時」

と。確かに。

 

 鳴り物入りで結婚したレズビアンカップルが離婚したというニュースを前に読んで

「やっぱり」

と思ってしまったのは僕だけではないはず。

 男性同士はわからないけど、女性同士が四六時中一緒にいるのは相当努力が必要だと思う。

 同性嫌悪は何がきっかけで発動するかわからない。

 そして同性嫌悪は時には我が子に対して発動するほど、自制のきかない本能的な物。

 

 結婚するというのは「好き」だけじゃなく、覚悟も必要。

 自己顕示欲や鋼鉄の自己肯定感で結婚すると、絶対にうまくいかない。

 結婚って「好きなだけ」じゃできない。

 結婚式そのものにあこがれているひとは、結婚後の日常についていけなくなる

 

 既婚者なら多かれ少なかれ、それを理解していると思う。

 上手くいかなくなる理由はそれだけじゃないけれど。

 

 結婚は「愛の証的制度」じゃない。日常に大きな責任を追うものである。

 それを全うできるなら、パートナーに同姓を選ぼうととやかく言われる筋合いはないと思うんだよね。

 同性愛結婚を認めろ。じゃなくて、「結婚の制度を同性カップルまで広げてほしい」なら理解できるよ

 

JUGEMテーマ:既婚同性愛

応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
0
    ランキングはこちらから
    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
    | 立花月夜 | 立花的私事。 | 15:20 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE