既婚ビアンブログdarknessLove

 既婚ビアンブログでございます。交流はmixiの既婚レズビアン(既婚ビアン)コミュニティにてお待ちしております。遊びに来てねー
男でも女でも何でもいいじゃん。自由に生きてけよ。自分の人生だろ。

 僕は専業主婦である。

 かといって、僕の性格を

「女か」

と聞けば、僕をリアルで知っている人の大半が

「男」

というであろう。・・・それも女ったらし(自覚あり)

 自分の心の性別とジェンダー(性的役割)を必ずしも一致させる必要などない。

という見本みたいな生活。

 男として見られたいというか、胸を隠したらもはや

「お兄さん」

なので、男に見られたいとかない。

 っていうか女の格好が似合わないから、男の格好をしてたわけで。

 男でも女でもなく「立花月夜」でしかないわけだしね。僕。

 何度も言うけど、男になりたいといっても「遺伝子」は変えられないわけだし。

 女のジェンダーを男として生きるのも楽しそうだ。

 と思ったしね。運命の相手が男だったしね。

 まあ心は男なので、男同士の話ができるのが利点。相手も女ったらしなので、女ったらし同士の会話。

 

 男だ。女だ。と囚われてるから

「男としてのジェンダーを生きたい。生きなければ」

という強迫概念に追われるんだろう。

 レズビアンやゲイはそんな自分の性に対して、ごちゃごちゃ思わないだろうし。

 同性が好き。なだけで。

 トランスの人たちって「生まれ持った性」に対してすごく反発心を持ってるよね。

 ということは、その反発心を作った何かが必ずあるはずだ。

 その反発心の正体は「性的押し付け」「同性嫌悪」ではないのかと思うわけで。

 同性にレイプされた人は、自分が加害者と同じ性であることをものすごく嫌悪したりする人もいる。

 その人にとって自分をレイプした「加害者」と同じ性であるということがものすごく汚く思えるのかもしれない。

 幼少時に「女の子らしく」と育てられた女性は、もしかしたら子供のころ男の子が羨ましかったのかもしれない。

 それぞれだと思うけどね。

 僕の場合は自分が普通にしてるだけで

「男の子みたいな性格」

と言われてきた。顔も男だしね。

 大体ひらひらの服に合わないしさ。

 子供のころはおっとりしてて、自分的にはボケーっとした子だなあと思ってたんだけど。

 その時代の友人たちも僕に

「遊び人」「ホスト」「地獄の門番」

とか言ってた。なんでやねん。

 男になりたい。女になりたい。

 僕は自分が生きていきたかった世界で、それが通用しなかったからなあ。

 

 ジェンダーがどうであれ、自分は自分なんだ。

 という自己肯定感があれば、まずはトランスになってないと思うけどね。

 

 だって世の中には男より男らしい女義を持った素晴らしい女性がいるもんだもん。

 女より細やかな気遣いができる男だっているしね。

 男だから。女だから。より、自分はどうなのか。

 と思いながら生きていきたいもんである。っていうかそういう生き方しかできないけどね。

 

 娘に

「親じゃねーよ。友達だよ」

「親としてどうかと思う」

とはいろいろ言われるんだけど、親というものがどんなものか知らねーから。

 僕の母親は子供に興味持たなかったからなあ。僕以上に。

 母親に恨みなんかないけどね。

 バカだなあ。とはよく思うけど。

 

 あ。全面ヒマワリがプリントされた手作りのワンピースを着せられていたことは、ちょっと恨んでるかな( ´艸`)

 だせーよ。おかん。

 

 

JUGEMテーマ:既婚LGBT

 

 

 

応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
0
    ランキングはこちらから
    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
    | 立花月夜 | トランスヴェスタイト | 13:39 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 楽天市場
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE