既婚ビアンブログdarknessLove

 既婚ビアンブログでございます。交流はmixiの既婚レズビアン(既婚ビアン)コミュニティにてお待ちしております。遊びに来てねー
<< 他人を愛するってどんな気持ち?月夜の場合。 | main | 相手の価値観に合わせるということ。−既婚ビアン >>
mixiに来てくれてありがとう+既婚ビアンは恥じることなど一つもない。

 ミクシィの既婚ビアンコミュニティには、たくさんのメンバーがいる。

 現在411人。

 既婚バイも混ざっている(はじいてるつもりなんだけど、100%は無理)300人以上は既婚ビアンがいると思う。

 

 さて、ここを見てくれてコミュに来てくれる人もいる。

 ありがたいことである。

 

 既婚ビアンと既婚バイの問題については、いつも話してきてるので今日はその話はしない。

 

 今日は旦那さんと既婚ビアンの話。

 僕は基本的に旦那を愛している。

 どんなに女を愛しても、旦那と別れて彼女と一緒になろうとは思わない。悪いけど。

 彼女といる時間は彼女だけしか見てないし、旦那と僕の関係を全否定するならその女とはやっていけない。

 ・・・まあ旦那を横取りしようとした女もいたけどね。スペック高いからねぇ・・・。

 イケメン。メーカー勤務。女には優しい(フリができる。僕仕込み)

 メーカー勤務だから給料高いとは限らないんですけどね。

 

 僕が旦那を捨てないのは、

 僕は男になった時の自分を旦那に投影しているから。だと思っている。

 女遊びを笑って許せるのも、僕自身が男なら必ず?女遊びは派手だから。

 嫁さんと遊び女は別。

 と僕は思ってるし、そこで他の女に取られたとしたら自分の魅力が足りなかったに過ぎない。

 捨てられた他の奥さんにはそんな思いは持ちませんけどね。

 素直に「旦那さんひどいね」と言いますけどね。だって、他の女性の価値観は僕と違うから。

 相手に共感するときや相手の悩みを聞くときは、相手の価値観に合わせた思考をする。

 人付き合いの基本でしょ?

 

 旦那との関係。僕は既婚ビアンであることで、この言い訳をしなくていいと思う。

 たくさんいるんだよ。自分がレズビアンなのに、男性と結婚した「言い訳」をする人たち。

 そんなこと、「あなた自身であること」に何の関係があるの?と言いたい。

 結婚していろんな思いを持って、ここにいる。

 それがあなたのすべてじゃないの?と。

 

 あれはいや。ここはいい。と一人の人の生き方を分類する資格があるヤツなんかこの世界にしないと思うよ。

 結婚したこと。レズビアンであること。人によっては子供を産んだこと。

 何を恥じることがあるの?

 それは他のLGBTも一緒だけどね。自分の人生にとやかく言うやつがいても、そんなやつどうでもいいと思うんだ。

 落ち込む気持ちはわかるけどね。

 歩いてきた自分の人生に、とやかく言うやつは切り捨てりゃいい。

 別に無理して機嫌とることねーじゃん。

 

 僕は愛人やってても、相手の奥さんを憎んだことはなかった。

 だって、恋人が歩いてきた人生の一部だもの。

 それを愛せずして、相手を愛してるなんて言うの失礼だろ?

 

 相手を丸ごと愛せないなら、「愛している」なんて言う資格はない。

 と思っているわけで。

 結婚しててもレズビアンでも子供がいても、自分の選んだ道(たとえ押し付けられたと感じていても最終的には自分)ならそれごと愛してくれる人がいると信じたいよね。

 実際はなかなかいないけどね。

 

 LGBTだから他の人とは違う。という人いるけど、結局同じなんだよ。

 恋もするし、生活するし、トイレにもいくし、嫌なことは嫌だし。

 人間だもの。

 

 レズビアンなのに旦那がいる。子供がいる。

 他人がどう言おうとそれがあなたの人生。恥じることなど何一つない。

 少なくとも僕は恥じない。

 本気で愛した相手が男で、好きになる相手の性は女。

 ただそれだけのことでしょう?

 

 苛められる人もいるけれど、苛められる人にいいたい。

 それは苛められるあなたが悪いんじゃない。

 あなたをいじめる人たちは、自分の心の問題に気がつかない哀れな哀れな人間にすぎない。と。

 それは既婚ビアン差別だけじゃないけれどね。

 

 

JUGEMテーマ:既婚同性愛

応援してくれる?(#^.^#)ぽちっと♡↓                             
0
    ランキングはこちらから
    にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
    | 立花月夜 | 既婚ビアン | 12:21 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + 楽天市場
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE